【スポンサードリンク】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハタチの恋人 あらすじ<第6話>

ハタチの恋人<第6話>あらすじ

就職活動に失敗して泣く沢田ユリ(長澤まさみ)の姿を見て、圭祐(明石家さんま)は思わず抱きしめてしまう。

そんな時、雨が突然降り出してきた。まるで嵐のように吹き付ける大粒の雨…

ユリは雨宿りのため、すぐ近くにある自分のアパートに圭祐を誘うのだった。

戸惑う圭祐は一度はユリのアパートに行くことにするのだが、結局は風太(市村正親)のいるホテルに帰ってしまう。

ユリのアパートの前まで行って帰ってきたことを話すと、あきれた風太は思いっきり圭祐を馬鹿にするのだった。

雨が上がった翌朝。ソファの上でバスローブ姿のまま寝てしまった圭祐が目を覚ますと、目の前にルームメイキングをするため部屋に入っていた中島(キムラ緑子)が立っていた。

初対面の中島に、圭祐は昨日の出来事を相談し始める。ちょうどその時、風太の担当編集者・美樹(蒲生麻由)も部屋にやってくるのだが、気がつくと圭祐は、中島と美樹の2人からも、昨日のユリとの件でまたまた馬鹿にされているのだった。

そして次の週末の東京出張の日がやってきた。

前回ユリに渡しそびれたプレゼントを持って圭祐は、大阪からやってきたのだが、風太からは「集中豪雨が来て部屋に誘われるなんてことは、もう2度とないと思うが頑張って会ってこい」とからかわれる始末。

圭祐も、嵐なんて都合のいいことが、2度も起こるわけないと思いながらユリとの待ち合わせ場所に向かおうと外へ。すると、なんと突然の雷の音!

そして、信じられないことにザーッと雨が降り出してきたではないか。

どうやら台風が関東地方に上陸したらしい。

待ち合わせ場所にビショ濡れで走ってくるユリ。

ユリに促され圭祐は今度こそユリのアパートに入ることになった。

あまりにも偶然すぎると笑ってしまうが、今度はベッドに2人で腰をかけた瞬間、停電が起きてしまう! 

窓の外は相変わらずの暴風雨。雨がガラスを叩きつける音の中、アロマキャンドルに灯が点されている。

ロマンチックな状況の中、千載一遇のチャンスという言葉が圭祐の頭の中に渦巻くのだが…



日曜劇場「ハタチの恋人」に出演したバスローブ。日曜劇場「ハタチの恋人」第2回放送記念.


ハタチの恋人 テレビドラマ最新情報 トップページへ戻る
スポンサーサイト

ハタチの恋人 あらすじ<第5話>

ハタチの恋人<第5話>あらすじ

『涙の抱擁』

東京の出張先のホテルにいきなり現れた妻の小百合(森下愛子)の前で、突然、具合が悪くなってしまった井上圭祐(明石家さんま)は、救急車で病院に運ばれることになったのだが…なんとその原因は急性盲腸炎だった。

そして、盲腸の手術を終えた圭祐は、小百合に付き添われてしみじみと幸せをかみ締めていた。

一方、圭祐が救急車で病院に運ばれたことを知ったユリ(長澤まさみ)は、慌ててお見舞いに行くことに。

買い出しのため病室から出た小百合と入れ違いで入ってきたユリを見た圭祐は、思わず心臓が止まりそうになる。小百合が戻るまでに、ユリをどうにかしなくては!!…と。

結局、小百合が大阪に帰ることで、事なきをえた?圭祐だったが、そんな圭祐の病室に、ユリは甲斐甲斐しく毎日お見舞いにやってくる。

しかしユリのことを心配する由紀夫(塚本高史)は、風太(市村正親)のところにこんな状態のユリどうしたらよいものかと相談をしにやってくる。

しかし、由紀夫に風太はとんでもないことを吹き込むのだった!

日が変わり、由紀夫は圭祐が入院している病院に足を運ぶ。

だが圭祐の病室には、すでにユリがお見舞いにきていた。

そして、もうすぐ退院する圭祐は、全快祝いに美味しいものを食べに行こうとユリと約束をするのだった。

そんな圭祐の病室に入ろうとする由紀夫を、スーツを着た男が制した。いったい何故?

実はその男は、東京の会議の席でいつも隣になるINF東京の社員(福井博章)だったのだが、ユリのことを圭祐の彼女だと完璧に誤解してしまっていたのだ。

その男に、由紀夫は圭祐のことを尋ねるのだったが、結果的に由紀夫は圭祐とユリのアツアツぶりを知ることになり、ユリにそのことで注意をするのだが…。



日曜劇場「ハタチの恋人」に出演したバスローブ。日曜劇場「ハタチの恋人」第2回放送記念.


ハタチの恋人 テレビドラマ最新情報 トップページへ戻る

ハタチの恋人 あらすじ<第4話>

ハタチの恋人<第4話>あらすじ

『パパの秘密を知る夜』

井上圭祐(明石家さんま)は、自分のことを森山リュウ(市村正親)と勘違いをしている沢田ユリ(長澤まさみ)に、結局、本当の事を言えずに大阪に帰ってしまった。

その帰り道、ユリに心トキメク圭祐は、もう少しこのまま森山リュウのふりをしようと心に決める。

しかし、そんな圭祐の大阪での生活は、心ここにあらずといった状態でまったくどうにもならない。

こんな圭祐の様子を見て、東京での沢田ユリとの出会いのことなど露とも知らない妻の小百合(森下愛子)は、どこか具合が悪くなったのではないかと本気で心配するのだった。

そして、またまたやってきた週末の東京出張の日。

就職活動で受けていた会社の一次試験に合格したユリは、二次試験のアドバイスがほしくて、圭介を誘い出す。

圭祐は、当然ろくなアドバイスなどできるはずもなく、これを風太に相談すると、風太が圭祐の担当編集者ということにして、一緒に会おうと言い出すのだった。

翌日、ホテルのティーラウンジで待つ沢田ユリのもとに、圭祐と風太がやってきた。

風太に言われたとおり圭祐は風太のことを担当編集者だとユリに紹介をする。

面接の注意点を一通り風太に説明してもらい、圭祐が席を立とうとした時、二次試験には実技もあるから、実技のアドバイスを部屋で行おうと風太が余計なことを言い出すのだった。

早速、ユリに課題を出す風太だったが、ヤボ用を思い出したと部屋を出て、圭祐とユリの二人きりにしようとする。慌てる圭祐が、風太を止めようとしたその時、ドアのチャイムが鳴った…。

「へ、へ、来ちゃった…」
なんと、ドアの前には圭祐の妻、小百合が立っているではないか!

慌てふためく圭祐と風太の言うことを聞き、ユリは分けもわからず身を隠すハメに。

そして、スィートルームで圭祐と小百合が2人っきりになった時、圭祐の身にある出来事が起きてしまう…。



日曜劇場「ハタチの恋人」に出演したバスローブ。日曜劇場「ハタチの恋人」第2回放送記念.


ハタチの恋人 テレビドラマ最新情報 トップページへ戻る
▼このブログによくでてくるキーワードです。記事検索などにお使いください。
ハタチの恋人 出演者 ハタチの恋人 キャスト ハタチの恋人 登場人物 ハタチの恋人 あらすじ ハタチの恋人 ストーリー ハタチの恋人 視聴率 ハタチの恋人 動画 ハタチの恋人 主題歌 ハタチの恋人 挿入歌 ハタチの恋人 日曜劇場 ハタチの恋人 明石家さんま ハタチの恋人 長澤まさみ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。